読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会って3秒で接待ブログ

捌け口(意味深)

アウトロー採用に参加しました 04

 アウトロー採用に参加しました 03の続きです。

 

企業セッションに参加した話

2日間に渡り企業セッションが行われました。参加者と企業のお互いが所属や肩書きを明かさずテーマについて話す、やり方はワークショップと同じような形式です。ただ、前記事でも話したとおり、周りの雑音騒音のせいで話を聞くのにとにかく必死でした。カクテルパーティー効果だとか ブラインド音源分離だとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえって感じです。詳しくはググってください。

 

内容については、良くも悪くも普通でした。開幕5秒で「くじ引かなくていいから夢と大事にしてること教えて」なんて言われて「んなもん知ってどうすんだボケ」という言葉を必死に飲み込みつつ答えました。確か「夢はまだ定まっていないですが、これから探しても遅くないかなと。形関係なく、モノを作るのが好きで0から1にしたり1を10にしたりするための考えを怠らないことは大事にしています。」みたいな感じ(本心です)で話したら、特にリアクションも無く次へ行った。なんやねんマジ、つまらない人間ですいません。この人が衝撃的で他の人の印象がわりと薄まってしまいました。

 

各日のラスト1時間で、企業名が公開されそのまま会社説明みたいなものに入ったのですが、私がピンときた人達5人中4人がIT系企業の人で、デキの悪い性格診断をやらされてるみたいでした。私の通っていた大学は情報学科だったので、やはりスタンド使いスタンド使いと惹かれ合う的な何かがあるのかもしれない。

 

終了後、グループウェアサービス等で各自連絡取って下さいとのことで、とりあえず5社へふっかけて、現在(5月下旬)に至ります。ただ、自分からあまり動けなかったので望み薄かなと…。向こうからオファーは来たのですが、恐らく代表者の方が色々根回ししてくださったおかげだと思います。

 

一通り終えてみて

とにかく考えさせられ、体を動かしてないのにかなり疲れました。ちょっとしたハンデがあったので尚更です。

 

参加者の共通項である「今の就活はクソクソアンドクソ」という思想のみで集められた企画だったため、様々な人間と話すことができました。正直私はこの企画の中でも孤立していたほうでしたが、それでも30人程度とは話せたので楽しめました。ただ、ちゃんとご飯会とかに出席しとかないとちょっぴりハブられるのは学びました。いくらアウトローといえど、しょうがないことです。

 

50人ほどが集まっていたのでもちろん気に食わない人とかもいましたが、面と向かって「その考えは情動的すぎる」とか「お前の人生は自分の中だけで完結してんのか?」などを言える度胸はありませんでした。星宮いちごちゃんに習って「うんうんそれもまたアイカツだね」の精神で、そういう考えもあるよね、で抑えることも大事と言い聞かせてました。荒らしに来たわけでありませんから。あの場に正解というものは無かったので、どちらが良いとか悪いとかは私にはわからないです。ただ、もっと語彙力があればなという場面は多かったです。

 

この企画の代表者も言っていましたが、楽して内定欲しいという人は不向きだと思います。楽したいならインターンからエスカレーターで上がるか、バイトするのがいいと思います。ここでは相手の話を反芻してそこからまた自分の言葉で伝えるということをやりますし、やらないと即置いてかれます。実際私は大体置いてかれてました。自分から動かないと得られるものがめっちゃ少ないです。

 

残念ながら自分から積極的に動いていたとは言い難く、この企画に参加して私は「既存の就活システムは必ずしも悪ではないのでは」とも思いました。システムに乗っかれば内定は降ってくるわけですから。ただこの企画の参加者は、そのシステムにふと違和感を持ったり、疑ったり、採用のミスマッチを目の当たりにしたりと、一般的な就活のレールから降りてしまっただけなのかなって。人生で一度も疑いを持ったことが無い人間なんていないのだから、アウトローというのは別に悪いことじゃないし、別のレールに乗っただけの認識です。もしかしたら、乗り換えた先のレールが正解なのかもしれないし。

 

ただ、我が強い人は有利というか、この企画に向いてると思います。自分の考えをきちんと持っていて、発信できる人。基本薄目で人生見てて、物事に対して深く考えず、対価がないとやる気でないような私はまったくもって向いていないタイプです。

 

今までは無気力で流れにただ乗っていただけでしたが、この企画を通して「いよいよ自分から動かないとこのままではのたれ死ぬな」と感じました。大学でも口酸っぱく言われましたが、実際に体験してやっと叩きこまれました。22歳で気づけたのは良いのか悪いのかよくわかりませんが、たぶん一般的な人より遅めなんだと思います。

 

この記事をどんな人が見ているのかはわかりませんが、もし既存の就活システムはクソだとか、肌に合わないとか、死んでくれ頼むなんて思ってる人は、こういう方法もあるのか程度に思って頂ければと。16卒で今バイトもしてないニートだけどこうやって生きてるし、一度逃げて考えなおす時間を作るのも大事だなぁ、と思った次第です。

 

おわり。

 

2017/02/23 追記

所感書き殴って放置した後、久しぶりに開いたらわりとアクセスがあるので追記。

今更言うのもなんですが、この企画は毎回内容がガラッと変わるらしいので雰囲気くらいしか参考にならないと思います。もしかしたら雰囲気すら参考にならないかもしれません(参加者によってまったく変わると思うので)。

 

今読み返してみるとホントなげぇし読みづらい文章で頭の悪さ滲み出てるし、そもそも自分の生い立ち書いてないしと、ボロボロなのでここで軽く書いておこうと思います。

 

中1の夏に転校→即ヒキ(登校したのは合わせて計120日くらい)

定時制高校に入学してゲロ吐く思いでバイト&大検取得

EだかFくらいと呼ばれる情報系大学にAO入学

 

今まで何をしていたかの話は別記事に投げようと思います。→かきました

 

アウトロー採用に参加しました 03

 アウトロー採用に参加しました 02の続きです。

 

合宿に参加した話

イベンターやってるオタクには馴染み深いであろう、国立代々木競技場体育館の近くにあるオリンピック何とかセンターで合宿は行われました。人数は大体60人くらいでした。

 

1日目はワークショップしたのち飲み会、2日目は過去のアウトロー採用参加者の話を聞くというものでした。先に書いておきますが、2日目は二日酔いがキツすぎて朝に帰ってしまったため参加していません。後日他の参加者に2日目の話を聞いて回ったのですが、大体の人が記憶に残ってない程度のお話だったみたいです。

 

ワークショップ前半では、説明会で行った自己紹介よりもっと深く自分を紹介しようというものと、くじで引いたテーマについてグループディスカッションを行うといったものでした。グループは自由に決めていいものとし、適当な時間でメンバーシャッフルを行うものです。

 

普通の自己紹介ではなく、横軸を年齢、縦軸は自由に決めて自身の出来事や変化を表すグラフを作ろう、というものでした。名前があった気がするのですが失念しました。たぶんライフラインチャートと呼ばれるものです。私はマイナスな出来事のほうが自分を語りやすかったので、縦軸に「辛さ」と書いたのですが、出来事についてはマイルドに表現してました。グループが全員初見かつワークショップも初めてだったので、ビビって守りに入っていたのです。他人の人生については特に興味なかったので、当たり障りのない会話をしていたのは覚えています。4割くらいは聞き取れませんでしたが。

 

世界中を旅してたり、著名な国立大でシステム作ってたりと「こんなスゲーことしてる人でも普通の就活やらないのか、こんなんじゃ埋もれてしまう」なんて劣等感を持ったりもしました。が、それも一瞬感じただけで「今の就活は少しでもテンプレから外れたらいかんのか」とネガティブなんだかポジティブなんだかよくわからない考えになりました。根は暗いほうですが、物事を常に薄目で見てるとこんな感じでちょいポジになれるのでオススメです。

 

ワークショップ後半のグループディスカッションは、テーマをくじで引いて各々の考え方を共有しようというものでした。便宜上グループディスカッションと書いていますが、討論、議論ではなくお題に沿ったトークをしよう!みたいな軽いノリのもので、ほぼ対話です。そもそもテーマが「絶望」「恥」「死」など哲学でよく聞くようなものばかりだったので、議論にできないと思います。私は最初このグループディスカッションの主旨をうまく理解できず、辞典に載ってるような言葉の意味をペラペラと喋っていました。恥ずかしい。

 

このワークショップが終わろうとするくらいに、前述した2日目に来る過去のアウトロー採用参加者とはまた別のアウトロー採用参加者が2人来ました。予定には無かったみたいで、突発的に話をしてもらったみたいなのですが、この2人が中々ぶっ飛んでいました。2人とも参加者からの質問に対してノータイムで返答しており、その内容が実に合理的、すごい頭のいい人達なんだなと思いました。後に過去のアウトロー採用参加者のブログを色々読んでみましたが、過去の企画の中では結構な有名人だったそうです。

 

この後の飲み会で先の2人と色々話してみたかったのですが、人集りになっていて面倒だったので女児アニの話をしてる人を見つけたり、iQOS持ってる人と話したりなど適当に楽しんでいました。人がいなくなったタイミングで話しかけに行ったものの、既に出来上がっていて、何故かパシられてました。結局話す相手もいなくなったので、後半は1人でゴミ拾いをしたり風呂の時間教えたりしてた覚えしかありません。

 

撤収後に二次会みたいな感じで部屋に集まって話してたりもしたのですが、狭い室内であまりに人が多すぎて嫌気が差したのと、日本酒と焼酎のちゃんぽんによりすぐ帰りました。せっかく合宿に参加したので、2日目の話も聞きたかったのですが、3時間くらいずっとゲロ地獄&頭痛により泣く泣く帰宅。頭痛吐き気が辛すぎて帰りの電車の中でマジ泣きしてました。お酒は好きですが、宴会みたいな雰囲気はやっぱり苦手です。話聞こえ辛くなるし。

 

週1くらいで開催されたワークショップに行った話

合宿で行ったグループディスカッションと似たような内容で週一行われたのですが、正直内容について詳細に覚えていません。「ほほう それでそれで?」くらいのノリで聞いてはいました。物凄いぶっ飛んだ解答があったなら覚えてると思うんですが、覚えは無いのでそういうことだったのでしょう。

 

 「本屋でバッタリ目当ての本に出会えたのは偶然か必然か」と「働くって何」について対話したのは覚えているのですが、それ以外はボンヤリです。私の解答は「本がそこに存在するのも、自分がその場に存在しているのも、物理的に必然であり、偶然だとするのならばそれは必然より前の時系列にある」と「国民の義務であり、金銭を得るための対価のひとつ」のような感じでした。後者の解答は後で調べてわかったんですけど、憲法に記されているやつって国民に対する義務はないそうです。何で誰も突っ込んでくれなかったんだ。

 

 04へ続きます。

アウトロー採用に参加しました 02

アウトロー採用に参加しました 01の続きです。

 

説明会へとりあえず行ってみるか、ってなった話

卒業式後のある日、突然同じ少年野球チームに所属していた小学校の同級生から「仕事始まったら時間無くなりそうだし今のうちに同窓会しない?」と連絡がきたので「俺仕事始まらないんだが??」と返信したら問答無用で飲み会へ参加することになりました。

 

地元公務員内定、大企業商社内定、大学中退して会計士、生物学科の院生、旅行しすぎて大学一留、既に働いている私の弟、大卒ニート(私)という肩書きを見ると結構カオスな飲み会になりました。内容はあまり覚えてないので割愛しますがメチャクチャ楽しかったです。

 

その後、ふと一留旅人の今後が気になったので何気なく "旅人 就職先" でググったのがアウトロー採用を知った経緯となります。最初は「タイミング良すぎだろ」とちょっと怖くなりましたが ”就活 クソゲー”, "就活したくない2016", "就活 量産型クローン人間" 等でググってもキッチリGoogle AdWordsに出てきたんで遅かれ早かれこの企画には参加していたんだろう、と思います。

 

キャッチコピーに "日本の就活はおかしい狂いそうだ" とあったので「わかり手」と思いながら適当に参加申請をしました。

 

説明会へ来てみた話

1時間半かけて目黒の会場に到着し着席。周りを見渡しても、パッと見て普通の人が多かったですが、見た目は普通でも中身がブッ飛んでる人を大学で何人も見てきたので、恐らくこの人達もそういうタイプだろうと思いました。

 

説明会の内容はあまり覚えていませんが、グループを作って参加者同士の簡単な自己紹介と何故ここに来たのかを話す、アウトロー採用の企画意図、今後の流れくらいだったと思います。その場で参加表明書みたいなのを渡され、大体予想通りの企画意図だったし特に予定もなく暇な私は「なんか面白そう」という軽いノリでOKサインを書きました。

 

要は「今の就活は何かがおかしいからそれらを取っ払ってフラットな採用活動ができる場を提供します」という感じです。テンプレート就活生が溢れてしまっている問題や、それらを捌いても本当に欲しい人材が見れなくなってしまった人事の悩みなどなど、恐らくもっと深い考えや思想があると思いますが、簡単に枠組みを体現したらこうだと思います。

 

自己紹介のグループで話した人達は全員不参加でした。私は感音性難聴を患ってるらしく、狭い空間で大勢の人が話しているなか会話するのにかなり苦労しましたし、この先のワークショップでも苦労することになるのですが、必死に会話をしました。結構話してくれた2人は単純にスケジュールの都合、話を振られても中々口を開けてくれなかった2人はわかりませんが、その後の合宿やワークショップで見かけなかったので、何か思う所があったのでしょう。前者の2人も本当にスケジュールの都合だったのか、今となってはわかりません。それぞれの "ここに来た理由"ですがグループ内の全員が「普通の就活が辛い」で合致していました。

 

終了後、会場外の喫煙所で一服していると、初見の2人グループからご飯食べに行きませんか?と誘われたので付いて行きました。その2人も不参加組でその理由を聞くと「胡散臭い」「どんな企業が来るのかわからないのはさすがに」という感じでした。「参加はしないけどアウトロー採用がどんなもんか知りたいからまた飲みません?」と言われたので、連絡先を交換し現在もちょくちょく会っています。彼ら2人はその後無事内定を頂いたそうです。

 

03へ続きます。

アウトロー採用に参加しました 01

↑これに一通り参加しました。

長くなりそうなのでいくつかの記事に分けます。

最初に記しておきますが、私は既存の就活システムから逃げ出しただけで、労働そのものから逃げようとは全く思っていません。

 

本編に入る前にちょっとした経緯。

 

在学中の就職活動の話

世間一般に見たらマイナスな局面が強い出来事ばかりな人生を送ってきた私には、自慢できるようなスキルだとか、誇りを持って話せるエピソードなどがありません。そのため、一般的な就職活動を行うにはとても苦労しました。オンシャガーマシーンとか、キチョハナカンシャマンを見て「ありえん限界すぎる(笑)」とか余裕こいてましたが、私なんかよりよっぽど企業のことを考えていて、真面目に就活を取り組んでいた人達なんだなぁと今では思います。尊敬。

 

大して中身の無い人間に関わらず謎の余裕を持っていて、実際に就活を始めたのは9月頃です。就活が解禁された頃は、みんな就活の話しかしなくなったので「つまんねー」と思いながらアニメ・声優系のイベントへ行って騒いだり、卒論テーマ何しようとか考えてました。夏頃はスーツ着るのが嫌すぎて逃げました。この頃になると内定貰っている知り合いもボチボチ出てきたので内心焦ってはいましたが、「まだ時期じゃない」などと謎の余裕を持ち続けていたのを覚えています。しかし後期開始の9月になって色々な人と話すうちに「このままではマズい」と思い就活を始めたわけです。 

 

駆け込み寺が如く、大学のキャリアサポートセンターや新卒向けのナントカエージェントも利用したりしましたが、結局は”自身のエピソードやスキルをいかに綺麗に話せるか”と、ググればすぐに出てくるような基本的なマナーや、ちゃんと目を見てハキハキ話しなさいとコミュニケーションの基本も基本なことしか教えてくれなかったので、面倒くさくなって通うのをやめました。やる気を見せずに、死んだ魚のような目でボソボソ喋ればこうなることは明白です。

 

通うのを辞めた後も就職活動はぼちぼちしていたのですが、薄っぺらい人間かつ口下手なので、いくら書き物で盛ってもいざ面接したら即バレみたいな場面が多かったです。

 

経営理念だとか何たらビジョンとか、どこも似たようなことしか書いてないな程度にしか思っていなかったので、大して読まずに面接に臨んだりもしました。IT系で多かったんですけど、横文字が多すぎる理念は「誰かの受け売りをパクってるだけなんじゃないか?」と逆に不安になりました。

 

”やりがい”が有るか無いかなんて、こっちが決めることなんで押し付けられても困るし、”人々を笑顔に~"とか、「その人々って対象どこらへんなの?スマホアプリの制作してるらしいけどガラケーユーザとかスマホ持ってない人は眼中に無いの?」みたいに偏屈な考えしかできなかったのも、就活コケた理由かなあと思います。

 

終盤はヤケクソ気味になり、EPGデータを扱うとある企業の役員さん相手に「テレビとかもうオワコンになりつつあるけどホントにこの企業先行きあんの?」とか言ったりしてました。解答は覚えてません、つまんねー解答だった気がします。

 

説明会で人事担当の話をありがた~く思っているであろう、必死にメモ取ってる人を見て「こんな当たり前なことしか言ってないのにメモ取るんか…」と思う場面が結構あったのですが、恐らくアレは ”周りがやってるからやらないと” 的な考えとか "大学から指示されたから" なんでしょうね。この空気もかなり苦手でした。

ちなみにこれは、アウトロー採用の会場でも思いました。

 

結局、10社程度しか見ていないにも関わらず「卒業後にバイトしながらでもいいから、ゆっくり就活すればいいんじゃないか?」と急に逃避思考になり、研究、卒論執筆などもあって年明け前に就活を辞めました。

 

”会社訪問はスーツが常識”だとか”履歴書は手書きで”みたいな合理性に欠ける風潮にも限界を感じていたので、ドロップアウトして然るべきでした。

 

「未だに内定無いのヤバくない?」という話もしましたが、別に今内定無くたって死ぬわけじゃないだろと思ってました。昨今じゃ終身雇用なんて無くなっていますが、裏を返せば自身の変化に合わせて転職もしやすくなった、と考えています。しかし、大卒の肩書きのみで選択肢が広がるとは到底思えません。広がっているように見える選択肢の先は、古い考えが今でも通用すると思っている墓場企業しか無いと思います。そう思っているにも関わらず、怠けて手に職つけなかった私も墓場人間なのでしょう。

 

あまり関係ない話ですけど、ナントカエージェントさんで担当してもらった若いねーちゃんの連絡ミスのせいで、説明会当日に急遽スーツを買って5万ほど溶けたの、今でもキレてます。そこは志望度高かったので結構気合入れて臨んだのですが、2ステップ目のグループディスカッションで呆気無く落とされました。

 

 02へ続きます。

 

 

Android描画アニメーションスケール変更方法

開発者オプションを開く。

中段にある”描画”内のウィンドウアニメスケール、トランジションアニメスケール、Animator再生時間スケールをそれぞれ.5xにする。