読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会って3秒で接待ブログ

捌け口(意味深)

アウトロー採用に参加しました 01

↑これに一通り参加しました。

長くなりそうなのでいくつかの記事に分けます。

最初に記しておきますが、私は既存の就活システムから逃げ出しただけで、労働そのものから逃げようとは全く思っていません。

 

本編に入る前にちょっとした経緯。

 

在学中の就職活動の話

世間一般に見たらマイナスな局面が強い出来事ばかりな人生を送ってきた私には、自慢できるようなスキルだとか、誇りを持って話せるエピソードなどがありません。そのため、一般的な就職活動を行うにはとても苦労しました。オンシャガーマシーンとか、キチョハナカンシャマンを見て「ありえん限界すぎる(笑)」とか余裕こいてましたが、私なんかよりよっぽど企業のことを考えていて、真面目に就活を取り組んでいた人達なんだなぁと今では思います。尊敬。

 

大して中身の無い人間に関わらず謎の余裕を持っていて、実際に就活を始めたのは9月頃です。就活が解禁された頃は、みんな就活の話しかしなくなったので「つまんねー」と思いながらアニメ・声優系のイベントへ行って騒いだり、卒論テーマ何しようとか考えてました。夏頃はスーツ着るのが嫌すぎて逃げました。この頃になると内定貰っている知り合いもボチボチ出てきたので内心焦ってはいましたが、「まだ時期じゃない」などと謎の余裕を持ち続けていたのを覚えています。しかし後期開始の9月になって色々な人と話すうちに「このままではマズい」と思い就活を始めたわけです。 

 

駆け込み寺が如く、大学のキャリアサポートセンターや新卒向けのナントカエージェントも利用したりしましたが、結局は”自身のエピソードやスキルをいかに綺麗に話せるか”と、ググればすぐに出てくるような基本的なマナーや、ちゃんと目を見てハキハキ話しなさいとコミュニケーションの基本も基本なことしか教えてくれなかったので、面倒くさくなって通うのをやめました。やる気を見せずに、死んだ魚のような目でボソボソ喋ればこうなることは明白です。

 

通うのを辞めた後も就職活動はぼちぼちしていたのですが、薄っぺらい人間かつ口下手なので、いくら書き物で盛ってもいざ面接したら即バレみたいな場面が多かったです。

 

経営理念だとか何たらビジョンとか、どこも似たようなことしか書いてないな程度にしか思っていなかったので、大して読まずに面接に臨んだりもしました。IT系で多かったんですけど、横文字が多すぎる理念は「誰かの受け売りをパクってるだけなんじゃないか?」と逆に不安になりました。

 

”やりがい”が有るか無いかなんて、こっちが決めることなんで押し付けられても困るし、”人々を笑顔に~"とか、「その人々って対象どこらへんなの?スマホアプリの制作してるらしいけどガラケーユーザとかスマホ持ってない人は眼中に無いの?」みたいに偏屈な考えしかできなかったのも、就活コケた理由かなあと思います。

 

終盤はヤケクソ気味になり、EPGデータを扱うとある企業の役員さん相手に「テレビとかもうオワコンになりつつあるけどホントにこの企業先行きあんの?」とか言ったりしてました。解答は覚えてません、つまんねー解答だった気がします。

 

説明会で人事担当の話をありがた~く思っているであろう、必死にメモ取ってる人を見て「こんな当たり前なことしか言ってないのにメモ取るんか…」と思う場面が結構あったのですが、恐らくアレは ”周りがやってるからやらないと” 的な考えとか "大学から指示されたから" なんでしょうね。この空気もかなり苦手でした。

ちなみにこれは、アウトロー採用の会場でも思いました。

 

結局、10社程度しか見ていないにも関わらず「卒業後にバイトしながらでもいいから、ゆっくり就活すればいいんじゃないか?」と急に逃避思考になり、研究、卒論執筆などもあって年明け前に就活を辞めました。

 

”会社訪問はスーツが常識”だとか”履歴書は手書きで”みたいな合理性に欠ける風潮にも限界を感じていたので、ドロップアウトして然るべきでした。

 

「未だに内定無いのヤバくない?」という話もしましたが、別に今内定無くたって死ぬわけじゃないだろと思ってました。昨今じゃ終身雇用なんて無くなっていますが、裏を返せば自身の変化に合わせて転職もしやすくなった、と考えています。しかし、大卒の肩書きのみで選択肢が広がるとは到底思えません。広がっているように見える選択肢の先は、古い考えが今でも通用すると思っている墓場企業しか無いと思います。そう思っているにも関わらず、怠けて手に職つけなかった私も墓場人間なのでしょう。

 

あまり関係ない話ですけど、ナントカエージェントさんで担当してもらった若いねーちゃんの連絡ミスのせいで、説明会当日に急遽スーツを買って5万ほど溶けたの、今でもキレてます。そこは志望度高かったので結構気合入れて臨んだのですが、2ステップ目のグループディスカッションで呆気無く落とされました。

 

 02へ続きます。